いまさら聞けない企業型確定拠出年金とは?

いまさら聞けない企業型確定拠出年金とは?

企業型確定拠出年金には、個人型と企業型があります。いずれも老後資金を作り、退職後の生活費の不足を補う制度ですが、個人型(iDeCo)は自分で自分の老後に備える制度、企業型は会社の退職金制度です。個人型(iDeCo)への加入を検討されている方は、まずご自身の勤めている会社が企業型確定拠出年金に加入しているかを調べる必要があります。まだ企業型確定拠出年金を導入されていない事業者様は、役員、従業員の福利厚生として導入するメリットを十分に理解しましょう。 ※個人型(iDeCo)についてはこちら...
年金は結局早く受け取った方がお得なのか!?繰上げ受給、繰り下げ受給についてFPの視点から考えてみる

年金は結局早く受け取った方がお得なのか!?繰上げ受給、繰り下げ受給についてFPの視点から考えてみる

年金は結局早く受け取った方がお得なのか? 「人生100年時代」。これは英国ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏が長寿時代の生き方を説いた著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』で提言した言葉です。寿命が延びて100歳を超えるようになれば、これまでの80歳程度のライフコースを見直す必要があると語っています。...
遺族年金いったいいくらもらえる?

遺族年金いったいいくらもらえる?

遺族年金をご存知でしょうか。万が一一家の大黒柱が亡くなっても、残されたご家族を守るために支払われる年金です。 では、いったいくらもらえるのでしょうか。 私は生命保険を提案する際には、必ずお客様に万が一があった時に、ご家族にどれだけ資産を残せば、安定した暮らしができるのかをイメージしていただいてます。 毎月の必要保証額=遺族年金+配偶者等の収入-(ご家族の生活費+お子様の学費等)...
初めまして

初めまして

初めましてFPoffice STORY 代表の尾﨑です。 これから少しずつ皆さまに投資や、ライフスタイルを豊かにするためのコラムを書いていこうと思います。 FPというお仕事をしておりますが、実は私は節約が大嫌いです。(笑) タクシーも使うし、買い物もバンバンします。仕事を頑張ったらバックや服を買ったり、自分にしっかりご褒美を与えて次のモチベーションにつなげます。 お金を貯めるためには ①限られたお給料の中から、コツコツ節約して貯める ②収入をアップさせる ③運用でしっかり増やす...